YasumasAdvertis

健「康」と「正」義の広告屋

信頼を壊す方法と創る方法

こんにちは。やすまさ です。
 
 
 
なたは
 
 陰口は好きですか?
 

 

 
「陰口が好きな人って

 
 いないのでは?」

 
 
 
 そう思いたいのですが……。
 
 います。
 
 
 
 事実
 
 よく見られる光景として、
 ある特定の人物の
 陰口で盛り上がる輩がいます。
 
 私は色んな職場で
 そのような輩を見てきました。
 
 新人が少しでも
 特徴的なことをすると、
 
 
 
 すぐに色眼鏡で判断する。
 
 そのちっぽけな常識という名の
〝ものさし〟で推し量ります。
 
 
 
 私は人より〝変わり者〟らしく、
 陰口を叩かれる側ですし、
 
 自分以外の陰口を
 傍から聞いていて
 気持ちの良いものではありません。
 
 
 
 あなたはどう思いますか?
 
 
 
 
 
今回は──────────┐
 
 陰口は不幸になる。
 その理由と対する改善案

 
└─────をご紹介します!
 
 
 
 
 
 陰口の井戸端会議。
 
 それは
 
 邪念の共有です。
 
 
 

 

 

 
 お互いの本音が一致して
 意気投合し、
 妙な仲間意識
 芽生えているように見えます。
 
 しかし、
 
 その〝仲間意識〟はです。
 
 
 
 実は悪口を言い合う
 内心では両者共々、
 
「こいつは影で悪口を言う
 信用のできないヤツだ!」

 
 潜在的に思っています。
 
 なぜなら人は
 誇大認知をしてしまうからです
 
 
 
 たった一度の
 陰口を話したせいで、
 
「他所でもきっと
 同じことをしている」

 
 脳は危険予測を働かせて
 想像を膨らませます。
 
 いずれ
 
 お互い相手を
 懐疑的な目で見るようになり、
 
 ちょっとしたことで
 争うようになるなど、
 もうドロ沼状態です。

 
 
 
 こんなんで
 
 
 
 幸せなれないでしょう?
 
 心
満たされないでしょう?

 
 
 
 いままで陰口悪口話
 華を咲かせていたとするなら、
 
 改善のチャンスです。
 
 
 
 とはいっても、
 価値観は人それぞれ自由です。
 
 
 
 なので、
 
その必要はない!
 思うのであれば、
 
 これから話すことは
 あなたにとって
 意味のない内容となりますので、
 
 そっと
  
 ページバックをしてください。
 
 
 
 
 
 
 
 ……よろしいですか?
 
 
 
 決まりです。
 
 
 
 
 
 あなたはもう、
 
『陰口を言わなくなりました』
 
 
 
 
 
 今この瞬間から、
 
 私もあなたも
 陽口ひなたぐち)を話します。
 
 
 
 陽口とは、
 
 陰口に対する造語です。
 辞書には載っていないでしょう。
 
 
 
 意味は単に陰口の
「陰」に対する「陽」。
 
 つまり、
 
 当人のいない所で
 悪口ではなく、
 称賛するのです
 
 
 
 悪い噂の拡散力といったら、
 凄まじいですよね。
 
 陽口も同様に、
 人(本人)に伝えたくなるものです。
 受け手に善意があるならば。
 
 
 
 例えば、
 
 普段は厳格な態度をとる人物に
 称賛されていたという話を
 人伝に聞くと、
 誰だって嬉しいものです。
 
 特に、
 
 やさぐれていて、
 褒め言葉を素直に
 受け取れない人物
には
 有効です。
 
 
 
 現に会社のマネージャーが、
 陽口を駆使して
 エリアの店長を陰で褒め倒し、
 
 それに影響された店長の間で
 互いの長所を共有して連携を取る
 チームワークが発生しました。
 
 後に
 
 そのエリアは
 全国売り上げトップの
 実績を残した。
 
 という話があります。
 
 
 
 陽口はそれほど強力な
 好転作用があります。
 
 
 
 
 
 陰口は信頼関係を破壊し、
 
 陽口は信頼関係を構築する。
 
 
 
 
 
 もう、やらない手はないですね。
 
 
 
 但し、注意してください。
 
 陽口は伝えることを
 前提として
 仕組んではいけません
 
「〇〇さんに、
 私が褒めてたことを
 伝えておいてね!

 
 というと、
 
言わされている感〟で
 本人は気づきます。
 
 そして
 
 逆に萎えてしまいます
 
 
 
 陽口は、いわば〝クチコミ〟です。
 
 
 
 クチコミは善意で、
 自然な流れだからこそ
 効果があると思います。
 
 クチコミで稼ぐ
 ネットワークビジネス
 苦手な人は、
 
 この
 
〝自然な流れ〟を作れないから、
 失敗するのですね。
 
 
 
 まぁ、それは置いといて。。
 
 
 
 
 
 さぁ! いますぐ!
 
 裏であの人を褒め倒そう!
 
 
 
 陽口で褒めるには、
 その対象者を注意深く
 観察しなければなりません。
 
 短所と長所は表裏一体!
 
 ネガティブポイントも
 前向き個性として
 考えられれば上デキです!
 
 
 
 いまから
 
 僕らは褒め達』!
 
 
 
 
 
.
.
.
 
 
 
 
 
 本日も、ありがとうございました。
 
 
 
 
 
 ─ Yasumasa ー